さ!


 飯塚市母子寡婦福祉会

 ”熊本阿蘇山バスハイク研修”

 のお話ですが、


 草千里でビュッフェの昼食

 阿蘇火山博物館を見学


 なんせ、行きで3時間

 帰りで3時間w

 貸切バスでも往復6時間もかかるもんでw

 そんなに熊本に何時間も居れずww


 最後に向かったのが、


 ”南阿蘇 風の丘

 大野勝彦 美術館”

 asob36.jpg


 農作業中

 お母様の目の前で、

 トラクターに両腕を巻き込まれ

 両腕を失い


 悲しみの淵のお母様を

 まずは励まそうと

 事故後の3日目から

 残った腕の部分に筆をくくりつけ

 自分の生きる証

 ずっと詩画に描き続けているという


 大野勝彦さんの作品が

 数多く展示されている美術館で、


 こういった↓

 asob24.jpg

 詩画を描かれてます。

 これ↑はポストカードですけどね♪

 しかも、会員のI田さんにもらったwww



 2016年の熊本の地震で、

 美術館近くの道路が崩壊し、

 1年近く美術館に近寄れない状態でしたが、

 道路整備も整い、去年の4月に

 美術館がリニューアルOPEN☆

 asob23.jpg
 
 時計台を備えた新しい玄関口ができ、


 以前はこっち↓

 asob37.jpg

 玄関口だったみたいですが、


 今は↓

 asob26.jpg

 阿蘇の大自然をバックに

 ミニコンサートなどができる

 ステージ風のデッキスペース

 設けてありました。


 いい眺めでした〜♪

 (* ̄▽ ̄*) 和む〜




 到着後、美術館内で、

 大野さんのトークや踊りなども

 披露してくださり、


 たまたま、その日の前日に、

 我が地元、飯塚市

 歴史ある芝居小屋

 ”嘉穂劇場”に、


 去年、脳梗塞で倒れて、

 リハビリ後の復帰公演となる

 九州演劇協会会頭で、

 大野さんの大親友

 ”玄海竜二”さん激励に、

 行かれてたみたいで。


 まさか、熊本の地で、

 地元の嘉穂劇場の話題が出て、

 (; ̄∇ ̄) おー

 びっくりしましたけどねw




 にしても、

 この大野さん、

 両手に義手を付けられていて、

 巧みにその義手でを操り、

 素晴らしい詩画を今でも

 書き続けられてて、


 さらに、お話には、

 優しさ男らしい不器用さ

 また照れながらの愉快さもあり、

 70歳を超えられてても

 すごく魅力のある方でしたねー♪



 うちの会長達は、

 3回目くらいの訪問だったらしく、

 懐かしそうに大野さんと

 お話されてましたねー。

 

 最後に、大野さんにも入ってもらって

 会のみんなで記念撮影☆

 asob27.jpg


 上げ郎も、子供たちも、

 力強く生きて行くことの大切さ

 しっかり学べた美術館訪問でした♪

 (ノ^◇^)ノ 大野さん、ありがとでしたー☆





 帰りのバスの中で、

 一応、確認してみたんですが・・・



 asob28.jpg


 今度はガスでダメなのかーい!w


 阿蘇山には嫌われたw

 バスハイク研修でしたー(涙)


 (TωT)また来るぞ、こんにゃろめ!



 人気ブログランキングへ
↑応援クリックお願いします♪o(*^▽^*)o

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

papabana3.gif

papabana2.gif

papabana1.gif

上げ郎への各種ご連絡はこちらまで♪
Copyright(C) 熱意ファクトリーズ All rights reserved.


 タグ