今日は、お馴染み?の読者さん♪

 アメリカ在住の日本語教師、

 リード真澄さんからの

 お便りをご紹介しまーす☆ (o^∇^o)ノ



 > 上げ郎様
 > 
 > 昨晩、日本からアメリカに戻って参りました。
 > 
 > 日本に連れて行った生徒達は風邪を引いたり、
 > ひどい便秘になったりして、
 > 何人か医者に連れて行きましたが、
 > 日本の医療費の安さに感激しました。
 > 
 > 保険無しで医者にかかっても、
 > アメリカで保険があってかかるのと
 > 同じか安いぐらいでした!
 >
 > 福島では人の住んでいない
 > 南相馬市などをバスで通ったり、
 > シーサイドビーチや慰霊碑で
 > 献花させて頂いたりして、
 >
 > 改めて東日本大震災や原発について
 > 色々考える機会になり、非常に有意義でした。
 >
 > 日本にいる間、
 > 上げ郎さんからのメルマガが
 > 朝一で届いていて、
 > いつもと違った気分で読ませて頂きました(笑)
 >
 > アメリカでは、生徒達が帰ってから、
 > 「ああ、やっと一人の時間ができた!」
 > とメールを見ると、
 > 上げ郎さんからのメルマガが来ていて、
 > 午後4時〜5時ごろ読むんですよ。
 > 
 > ホッと一息の時間=上げ郎さんのメルマガ、
 > というパターンになってます。
 >
 > 先日申し上げていた
 > 「事件」を綴ったファイルをお送りします。
 >
 > 適当にカットするか、
 > 上げ郎さんの言葉で
 > 書いて頂いても構わないのですが、
 > 国際結婚を案じる私の気持ちを
 > 読者の皆さんに伝えて頂けたら本当に嬉しいです。
 >
 > 日本では皆さん暑い暑いと大変そうですが、
 > 私の住むテキサスでは、
 > 夜も冷房がないと寝られない亜熱帯なので、
 > 冷房なし、窓を閉めていても寝られる日本(千葉でした)、
 > それほど暑さを身にしみて感じませんでした。
 >
 > でも冬に帰国すると、
 > 日本の(家の中の)寒さには閉口します。。。
 > お体を大切にお過ごし下さい!



 リード真澄さん!いつもありがとですー☆


 やっぱり、日本の医療費は、

 安いんですね〜!

 国内にいると、そこんとこ、

 あまり実感できないですからねー。


 生徒さん達、

 体調、戻ったですかね?(笑)


 で、

 えーと、

 お便りの文中にも出てきましたが、


 国際結婚にまつわる、

 ある「事件」!!


 これ、結構、長い文章で、

 アメブロ支店のほうに、

 掲載させて↓頂きました♪



 http://amba.to/1mRMDyp


 
 ほんと、結構、長文なので、

 時間のある時にちょっと

 読んで頂きたいんですけど、



 要は、「ハーグ条約」をめぐる問題!



 ご存知です?「ハーグ条約」。


 『国際的な子の奪取の

 民事上の側面に関する国際条約』で、


 子の利益の保護を目的として、

 親権を侵害する国境を越えた

 子どもの強制的な連れ去りや

 引き止めなどがあったときに、

 迅速かつ確実に子どもを元の国(常居所地)に

 返還する国際協力の仕組み等を定める多国間条約で、

 日本は2013年に国会で承認されました。


 日本での効力発生は、

 2014年4月1日から、

 だったんですけどね。



 未成年者が連れ出された国、

 および連れ込まれた国両方が

 条約加入国である場合のみ効力を有する条約、

 なんですね。



 近年、国際結婚後、

 欧米、特に米国に移住した日本人女性が

 結婚の破綻後に、

 子供を日本に連れて戻った結果、

 子供を連れ去られた外国人の配偶者が

 長年に渡り(あるいは半永久的)に、

 子供から引き離されて、

 その救済手段がないという事態が

 過去の累計で数百件ほど起こっており、

 この理由から、欧米加盟国から、

 日本の加入が要求されていたんですね。



 まぁー、

 日本じゃ、離婚後の子供の面倒は、

 大体、奥さんの方が、

 親権持ってやるのが大多数で、


 上げ郎なんかの場合は、ほんと、

 珍しいケースなんスよ(笑)


 で、日本じゃ、

 親権は、必ず、夫婦のどちらか、

 片方が持つようになりますしね。



 でも、欧米じゃ、

 離婚しても、子の親権は、

 ずっと、父親にも母親にも、

 両方にあるのが常識で、


 必ず、離婚後も、

 子供の住んでる近くに、

 両方が住んでいないとだめですしね。


 そこら辺が、

 日本の家族法や

 移動の自由を保証する日本国憲法に、

 そぐわないとして、

 ずーっと、日本政府は、

 受け入れを拒否してたんですけど、


 「子供泥棒ーっ!!」

 って叫ぶ、欧米の圧力に、

 負けちゃったんですね。



 ま、でも、今回のこの、

 真澄さんの体験した事件、


 日本から子供を連れ去ろうとしたという、

 まさに逆パターン!!


 受け入れた日本側にも、

 メリットがあったわけです♪


 ま、でも、

 2か月間のタイムリミットがあるとは、

 上げ郎も勉強になりました!



 うちも、もしかしたら、

 3姉妹のうち、

 1人くらいは外国人と結婚しちゃうかもですし、


 お子さんをお持ちの親御さん、

 孫をお持ちの祖父母のみなさん、


 子供が国際結婚をしようとするとき、

 くれぐれも、いろんなことを考えて、

 国際的な知識を持って、

 しっかりと、アドバイスして欲しいと思います!



 是非!真澄さんのお話、

 時間のある時に、

 じっくり、↓読んでみてくださいね♪


 http://amba.to/1mRMDyp


 真澄さん、貴重な体験談、

 本当に、ありがとでしたー☆ (V^−°)


 
 あ、今日、終業式だ。(苦笑)


 人気ブログランキングへ
↑応援クリックお願いします♪o(*^▽^*)o

上げ郎のリアル子育てメルマガ配信中♪




 カテゴリ
 タグ