んーと、


 昨日、神社のお祭りの記事

 書きましたけど、


 どーにも、

 その神社で、

 気になったのが、


 cho7.jpg

 ”神社でのマナー”。


 やはり、お祭りであろうと、

 神社は神聖な場所であり、

 守るべきルールは、

 きちんと存在しますからねー。



 まずは、鳥居をくぐるときは、

 立ち止まり、

 軽く会釈
をする。



 本殿に続く参道は、

 真ん中は神様が通るスペースなので、

 我々人間は端を歩きます。




 境内の手水舎(ちょうずや)で、

 身を清め、

 俗界の穢れを落とします。



 右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い

 柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗う。

 (両手の洗い清め完了)


 再び柄杓を右手に持ち、

 左の手のひらで水を受けて口をすすぐ。


 (口の洗い清め完了)


 その左の手のひらを洗う。


 最後に柄杓を縦にして、

 自分が持った柄の部分に水を流し、
 
 柄杓は伏せて元の位置にもどす。



 んで、両手を綺麗に拭く。



 神前に進み、姿勢を正し、

 お賽銭を賽銭箱に入れ、

 鈴を鳴らし、



 ニ礼二拍手

 二拍手するときは、

 右手を少し下にずらして行う。



 手のひらをずらすのは、

 神と人とがまだ一体になっていない

 いうことで、



 二度手を打つことで神を招き、

 その後、手のひらを合わせることで、

 神人が一体となり、

 祈願を込めて神の力を体得するから

 だそうです♪




 で、日ごろの感謝の気持ちや、

 報告、決意などを神様に伝え、



 最後に一礼して、

 参拝終了〜☆</strong>



 もぉー、


 平気で、

 参道のど真ん中を歩くやつとか、



 手水舎で、

 柄杓で水をすくって、

 そのまま口に持って行く

 アンポンタンとか、



 二礼二拍手一礼をせず、

 ただ、手を合わせて、

 終わりの人とかw



 あと、

 これでもかと、

 願い事ばっかりする人とかねー(笑)




 上げ郎は、いつも、

 手を合わせて、

 神様への感謝の気持ちと、

 自分や家族の近況報告、

 最後に今後の決意!

 を、神様に伝えてますねー♪




 あと、

 自分が住んでいる地域を

 守ってくれている神様


 「氏神様(うじがみさま)」


 七五三など、すぐ、

 遠くの有名な神社に

 行きがちですが、



 本当に力になってくれるのは、

 地元の氏神様なんです、

 七五三は氏神様へ参りましょう♪




 氏神様には、月に1度くらいは

 お参りしたほうがいいです。



 お願い事をするのでなく、

 守ってくださっているお礼を伝えます。

 すると守りが強くなり、

 ご加護も得やすくなりますから☆



 自分の住んでる地域の

 氏神様がわからない場合は、

 神社庁に電話して聞いてみましょーね♪



 それと、


 もし、お願い事を

 どーしても、

 神様に頼みたい場合は、

 「産土神(うぶすながみ)様」

 を頼りましょう♪



 自分が産まれた場所の

 近くにある神社を

 「産土神社」言います。



 その土地で産まれた人間を

 一生見守り、助けてくれる神様です♪


 地図とかで確認してみてくださいね。



 んで、


 どの神社でも、

 お参りするときには、

 自分の住んでる住所と

 自分の名前を名乗りましょう。




 と、まぁー、


 思いつくのは、

 それくらいかな。



 昔から、

 日本人の心や生活の支えとなって来た

 各地の神社、

 みんなで大切に守って行きましょうねー☆



 人気ブログランキングへ
↑応援クリックお願いします♪o(*^▽^*)o

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

papabana3.gif

papabana2.gif

papabana1.gif

上げ郎への各種ご連絡はこちらまで♪
Copyright(C) 熱意ファクトリーズ All rights reserved.