400naisinsyo.jpg


 まぁー、


 ここ1カ月くらいですけど、


 さくらんぼ(中3)の通う

 いろいろ探して、

 実際にお話も聞いてきましたが、


 高校受験に関して、

 知らないこと沢山ありましたねー。


 ほんと、今回、

 いろいろ動き回って、

 良かったなーと。



 ま、知ってる人は

 知ってるんでしょうけど、

 ほんと、情報ってやつは、

 知らないとおおごとになりますね。



 上げ郎、


 『 内申点 』って言葉、


 知らなかったです(笑)



 ”通知表”って、

 学期末にもらうじゃないですか、

 2とか3とか5段階評価で。

 その数値を9教科全部、

 足した数が”内申点”
言うんですって。


 9教科オール5なら

 満点の45点ですね。



 この”内申点”が、

 中学1年生の時、

 中学2年生の時、

 中学3年生の時と、

 ”内申書”に記載され、


 高校入試のとき、

 最大で、

 内申点50%、

 当日試験50%
で、

 合否の判断がなされるんだとか。



 だから、

 当日試験で基準点以上をとっても、

 内申点が悪くて落ちたり、


 当日試験で基準点ギリギリでも、

 内申点が良くて受かったり、


 他の子と差がないときは、

 内申書の生活欄を比べて、

 部活をやっていたかとか、

 生徒会活動をやっていたかとか、

 そこら辺でポイントを上乗せして

 決めるらしいです。



 うーん。


 通知表の数値、


 すんごい大事だったのね。。。




 この内申点が、

 学年ごとに上がってるのが理想的で、
 
 学年ごとに下がってるのはマズいそうです。



 ま、考えてみれば、

 上げ郎の場合は、


 内申点は3年の2学期、

 部活終わってから急上昇、

 部活はバレー部のエース、

 生徒会では2年連続で文化部長、

 
 当日試験が基準点ギリギリでも、

 受かる要素はあったのかなーと。



 さくらんぼの場合は、

 部活はしてるけどスタメンどまり、

 生徒会にも入ってないし、

 内申点も今まではへなちょこやしw

 かなり厳しいでしょーねー。



 高校受験って、

 もう、中1の時から、

 戦いって始まってたんだ・・・

 思いましたねー。



 ま、あと、

 塾の方が言ってましたが、


 受験勉強、つまり、

 中1、中2の勉強の復習は、

 1学期の期末が終わってすぐから、

 2学期が始まるまでの間で、

 やってしまうんだとか!



 いわゆる、夏休み中の、

 『夏期講習』で、

 受験対策の勉強を終わらせて、


 2学期からはもう、

 学校の中間・期末のテスト対策、

 ”内申点”を取りに行くんだそうです!




 高校受験は夏が大事!!



 そういう意味だったんですねー。



 なかなか、

 ほんと、今回、

 いろいろ塾の説明を

 実際に聞いて回って、

 他にもこまごました情報など、

 手に入れることができまして、


 やっぱ、ネット情報だけでなく、

 実際に動いて得る情報って、

 大事やなー思った次第です。




 上げ郎パパ、

 今後もさくらんぼの

 高校受験サポート!

 頑張るぞぉーっ!!



 続く、あかねちん(中2)、

 みやびどん(小5)のためにも

 なっちゃいますしね♪


 無駄がないわー(爆) にゃはは!

 
 人気ブログランキングへ
↑応援クリックお願いします♪o(*^▽^*)o

papabana3.gif

papabana2.gif

papabana1.gif

上げ郎への各種ご連絡はこちらまで♪
Copyright(C) 熱意ファクトリーズ All rights reserved.



【塾に通わなくても30日間で
テストの成績が上がる勉強法】
高校受験・高校入試の土台を作る!!
元中学校教師道山ケイの
定期・中間テスト対策プログラム〜